派遣社員は外部の人。 情報共有は出来ません。

会社の中では、プロジェクトで同じ製品を設計しているけど担当している機構が違う人が集まって1つの製品を完成させる縦串と呼ばれる組織とプロジェクトや扱う製品は違うけど同じ機構を設計している人同士が集まって活動する横串という組織があります。

縦串も横串も同じグループの人だけでは無く、他のグループの人間も集まって活動をします。

横串の活動として毎週1回定例でMTGを開催し、生産で発生した市場問題の共有や各プロジェクトでどういった設計や検討をしているかの情報共有がされていきます。

情報共有の目的は、グループは違うけど同じ機構を扱っているので市場問題であれば、同じ問題を再発させないための再発防止だったり、新しい技術や良い設計であれば他のプロジェクトに水平展開することであり、情報共有の内容についてはメンバーが持ち回りで、正社員、派遣社員関係なく一人づつテーマを決めて毎週発表を行っていきます。

先日の情報共有MTGの中で、各メンバーが、どういったテーマについて共有していくか一人づつ聞き取りを行っていました。

他のグループの正社員Nが
『今度のプロジェクトで新しい技術が、搭載された部品を投入する予定でいるので、その内容を共有したいけどこの場には外部の人がいるのでチョットこの話しは出来ない』 なんて言い出しました。

外部の人?

この横串の集まりには、ちょんいえともう一人の派遣社員が参加しているのだが、派遣社員がいるため情報共有が出来ないとのことです。

どうやら、特許のからみで、他のグループの中では、派遣社員には公表しないようにとなっているらしい。

この会をまとめているのは、同じグループのちょんいえの指揮命令者でもあるS課長なのだが、S課長は正社員と派遣社員の線引きをあまりしない人なので、なんで派遣がいたら情報共有できないのかその正社員Nへ詰め寄っていたが、特許のからみでという理由しか言わない。 S課長としては新しい技術があるなら、他のプロジェクトにも応用、展開できる内容かもしれないのでそれは共有するべき内容という考え方です。

その場はS課長が後で聞き取りを行いますということで終わったんですけど、特許がらみとはいえ何で派遣社員がいたら情報共有できないかの理解できませんでした。

派遣社員でも、この派遣先では他社の特許を侵害していないかの特許調査や特許の出願までして特許活動に積極的に参加してますし、仮にその技術を知ったからといって一派遣社員がその情報を持って何をするっていうんですかね。

なにより一緒の会社の中で開発して情報共有しているメンバーなのに『外部の人=派遣社員』という表現が何か差別を受けているみたいでしたし、そもそも情報共有出来ないような内容ならそんなこと口にする必要は無く別のテーマを選定すれば良いだけなのに何か気分が悪かったです。

ランキング参加してます。
おもしろくなくてもポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村


派遣社員ランキング