正社員との格差。正社員と派遣社員の教育環境の差は歴然

正社員と派遣社員には、教育研修の面で決定的な違いがあります。
正社員の場合は、キャリアを積むための教育が時間とお金を会社が負担してくれて手厚く用意がされていますが、派遣社員はいづれその会社からいなくなる存在のため必要最低限の教育しか受けさせてもらえないとう実情があります。
派遣社員が受けられる研修と正社員しか受けられない研修にはどんな内容があるかを紹介していきます。

派遣社員が受講できる研修や教育

●新しいシステムや設計ツールの操作説明

新しくシステムを導入した際の操作方法やCAD、解析ソフトなどの設計ツールの操作方法については、派遣先で業務をする上で必要なことになるので受講することができます。
習得していないと業務にならないですし、他の人に聞いているとその人の時間を奪って負担になるので、逆に指揮命令者からは一斉講習される時間に予約を入れて必ず受講して下さいと言われます。

●全従業員を対象にしたweb教育

1週間か2週間に一度定期的にweb上で行う教育を受講をしなさいとメールで案内が来ます。
いわゆるeラーニングと呼ばれているもので対象は正社員、派遣社員関係無く全従業員が対象になります。
受講する内容は、業務内容のこともありますが、安全衛生、貿易などの法規制、コンプライアンス、経営理念など最低限知っていてもらわなければいけない内容のものが多いです。
受講期限が決められていて、業務時間の15分ぐらいを使って資料を読み、最後に確認テストを受け100点を取らないと合格になりません。
受講しないとメールや上長から催促があるため、必ず受講しなければいけません。

派遣社員が受講できない研修や教育

●語学研修

英語、中国語、ベトナム語など外部からネイティブ講師を招いて語学を学ぶための研修。
海外出張する人や海外出向する人向けのもので研修終了後に自己紹介ができるぐらいの簡単な講習や本来は語学教室に通って、ん10万払ってしか受けられないような日常会話やビジネスシーンを想定した2時間10回コースぐらいで行う本格的なものまで

派遣社員でも海外出張があるので、必要といえば必要なんだけどこういった語学研修については派遣社員の受講は一切NG。
海外出張に行くと誰か通訳が付くわけではなく自分たちで飯を食いに行ったり買い物をしないといけないのだがしゃべれないと
誰かの後を金魚のフンのように付いていかないと何もできないのがイヤだったのと、5人も6人もゾロゾロと固まって食事に行くの煩わしかったのでちょんいえの場合は、自分でお金を出して語学学校に通い勉強をしました。

正社員の多くは、無料でしかも勤務時間扱いで研修を受けられて羨ましいと思いましたが、人間って無料とかになると身が入らないというか真剣差が出ないのかちょんいえよりしゃべれない人ばかりでした。身銭を切ったほうが元を取ってやろうと真剣に勉強をするので、身に付くんですかね。

●外部講習や展示会への参加

新たな技術や知見を深めるため正社員は最低年2回は外部で行われる講習へ参加したり、東京ビックサイトなんかで開催される新規技術や新規商品の展示会に参加することが義務付けられていて行きたい内容については自分で決めて良いことになっています。
お金や交通費を出すし出張扱いで稼働も付けて良いとしているのに普段の業務が忙しいから行かない正社員がいますけど非常にもったいないです。
派遣社員は、当然参加する話しもなくて行きたかったから有給を取って、交通費も自腹でどうぞって感じですからね。

●海外工場や販社へのトレーニー

派遣先の生産工場が海外にあるので、海外工場へ1ヶ月~3ヶ月ほど出張し工場の技術部の一員として工場で起きる日々の問題を現場で直接対応したり、生産の慢性問題の対策やVA活動に参加をします。
また、実際のラインへ作業員として実習に入り、難しい作業や組立の大変さを実感し今後の設計でより良いものを作れるようフィードバックする活動やラインの無駄、ムラ、無理な作業や工程を設計者の視点で発見し改善提案なんかもしていきます。
海外工場だけでは無く、海外の販社へも出向き市場の動向や直接お客様の生の声を聞くなど設計者自身が市場調査を行い、本当に望まれている機能や売れるための製品開発をするための活動を行っていきます。

●キャリアアップのための教育

今後リーダーとして活躍するためのスキルを身に付ける研修や管理職として部下の育成やマネジメントをしていくために必要なスキルを習得するための研修を行っています。
こういった研修は講義だけではなくディスカッション、ケーススタディ、ロールプレイなどのグループワークを多用し、より実践に近い状況をシミュレーションしながらプログラムが組まれていることが多いです。
当然派遣社員には、管理能力は求められないので必要のない受講する資格のない研修になります。

●その他各種研修

なぜなぜ分析、ロジカルシンキング、実験計画法など業務を効率的に行っていく手法を学ぶ研修や特許を読み解く上で必要な知識やポイントを抑える研修などさまざまな研修内容の案内が毎週のようにメールで送付されてきます。
あっこれいいな、受講してみたいなと思っても対象は正社員だけですし、正社員はだいたい受講しているのが普通なので派遣社員も知っているものとして業務の中で話しをされるので、非常に困るんですよね。

最後に

派遣社員の教育や研修に関する基本的な考え方は業務をする上で必要と判断された場合は、費用負担を派遣元と取決め後、参加が可能で研修参加時間は勤務時間扱いとし費用負担の考え方は、契約業務を行う上で派遣先側から要望する場合は派遣先負担となります。
契約業務を行う上で明らかにスキル不足を補うという場合は派遣元負担となりますが、再教育している時間なんてないので契約終了でしょうけどね。

こうしてみると派遣社員には、社員育成やキャリアアップのための研修は用意されていませんし研修を受けられる機会自体が明らかに少ないってことがわかると思います。

ランキング参加してます。
おもしろくなくてもポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村


派遣社員ランキング