派遣社員の契約更新が切られる一番危ない時期

派遣社員は契約更新にビクビクしながら生きていかなければいけない生き物です。
通常は3ヶ月とか6ヶ月の更新のところがほとんどで勤務態度が悪いとか仕事が出来ないなどのよっぽどのことが無い限りこの期間で切られることはないし一度契約更新してくれれば数年に渡って同じ派遣先で就業することが多くなります。

だが、数年派遣契約を更新してくれていて、派遣先の部署の方も引き続き派遣契約の更新をしたいと思っていても派遣の更新が突然切られるもっとも危険な時期があるのはご存知だろうか?

それは、年度が替わる3月でしかも派遣先で3年とか5年の中長期戦略の会社の方針が発表される節目の年が1番危ない。

中長期戦略では、会社の売上目標や力を入れていく事業部、成長が見込める製品開発の戦略が発表されると同時に派遣先の不採算事業の統合や組織の統合によるスリム化などで
グループ人員の整理も行われ派遣先の戦略がガラっと変わってしまいこの波に派遣社員が巻き込まれてしまう。

今年がちょうどその節目になりちょんいえと同じ派遣元から就業しているメンバー4名が3月末で同時に終了となってしまった。

この4名はちょんいえとは違う事業部に就業していたメンバーなのだが、その事業部の売上がよろしく無いらしく、事業の縮小により予算の削減が派遣終了の理由。

まぁ予算の削減で自社社員を配置転換や部署異動で人員整理をするのに派遣社員をそのままってわけにはいかなく真っ先にメスを入れますわなぁ。
他社の派遣先を含めると今回の戦略発表で約10人規模で派遣社員が切られています。

で、この4人が派遣終了となった後、身の振り方を考えなければいけないのだが、今後どのようになるか紹介していきます。

一人目:Tさん

50歳を過ぎたベテランの方。
もう年も年なんで現在の派遣先が終われば他の派遣先での就業はかなり難しいものになるでしょう。
その危機感をわかっているからなのか、行動が早かったですね。
現在の派遣先では複数の事業部制をとっているので、所属している事業部は予算縮小でダメだけど他の事業部は売上も好調で、人員の引き合いをしている場合があります。
どこでその話を聞きつけたのか担当営業に同じ派遣先内で探すように頼んだのかわかりませんが、ちょうど他事業部で人員の引き合いがあり終了になる1ヶ月も前に顔合わせを行い4月から同じ派遣先の他事業部の就業が決めていました。

二人目:Mさん

Mさんが所属していた部署には、他に二人派遣社員がいましたがこの人だけが終了。
同じ部署に派遣社員が三人いて、誰か一人を終了させなければいけないとなった場合は、まず、能力の差によって判断をされます。
三人とも同じような業務を経験をさせてもらっていましたが、この人だけ出来が悪かったらしく他の二人よりは、簡単に出来る業務を担当していたみたいです。
たとえ三人の能力の差があんまり無く同じぐらいの能力だったとしても勤務態度や勤怠を理由に落とされる場合があり、Mさんは遅刻が多く担当営業からも指導が入っていたので、どちらにしても派遣終了になっていたでしょう。
他社派遣先で人材引き合いの話が2,3件あるみたいなので、今後そこで顔合わせを行い就業が決まるかどうかですね。
派遣元で正社員では無い人なので、就業が決まらずにズルズルやっていると派遣元からも契約を切られてしまうことになってしまいます。

三人目:Oさん

現在の派遣先では、3Dモデルのモデリングや図面だけを作成するCADオペレータだけの業務で派遣社員を雇わないのだが、珍しくCADオペレータとして就業をしていた女性の方。

数年前に派遣先が新しいCADを導入し社員自体が新しいCAD操作に慣れていなくて、他社でもあんまり導入されていないCADの操作に慣れていたためこの方が就業になったという流れ。

予算縮小となれば、単純作業や補助の業務をやっている人は当然切られるでしょうね。
ここでの業務経験が他社で生かせるかというと他社ではあんまり導入されていないCADの操作ですし今の時代は設計者がCADで図面まで書くのが一般的で、CADオペレータだけの業務を切り出して就業する案件自体が少なくなっています。
案件は0では無いですが、自宅からちょっとでも遠い派遣先は平気で断るようで、そんな贅沢を言ってられる立場では無いというのを理解していない人ですね。

四人目:Uさん

現在の派遣先で4年ほど評価担当として就業をしていた若手の方。
Tさんと同じように派遣先内の他の事業部から人材の引き合いがあったので、話しを持っていったが評価しか出来ない人はいらないとのことで顔合わせすらできませんでした。

同じ派遣先内で経験があったとしてもやはり、評価だけの下位工程しかできない人材は就業することが難しくなります。
元々、現在の就業先で評価半分、設計補助半分ぐらいの割合で業務をさせてもらえるはずだったのですが、設計補助業務といっても寸法を変えるとか一部分が変更になる設計変更をCADでちょことやらせてもらっている程度のようで、ほとんどやらせてもらっていなかったようです。

評価、問題対策検討した結果を図面に展開するような設計変更や一から図面を書けるレベルでは無いので、そのような業務を経験させて貰える派遣先を無理にでも探すか
自分で設計の勉強をしていくってことをしないとこの先もず~~と評価のみの下位工程業務の派遣先に就業するしかなく、年を喰った時に単価は上がらないし
評価ぐらいの簡単な業務なら若い人を使ったほうが良いとなりこの方も就業が難しくなりますね。

最後に

今回のように派遣先の中長期戦略発表で今後も契約更新されるはずだった派遣社員が突然切られてしまうことがあるのですが、派遣社員全員を切るわけではなく残っている人や派遣先内の事業部異動という形で残る人もいるわけで
この差がなんなのかというとソフト開発や設計の業務をやっている上位工程で就業している人と評価やCADオペレータなどの単純作業の下位工程業務しかできない人との差であることが言えます。
派遣先の方針一つで、派遣社員が大量に切られてしまうのは怖いですけどね。

ランキング参加してます。
おもしろくなくてもポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村


派遣社員ランキング

コメント

  1. ミラ より:

    こんにちは。
    なかなか不安定ですね。
    副業などで別の収入源を確立しておきたいですね。

  2. こばみち より:

    こんにちは、ランキングから来ました。
    今の世の中やこれからが心配ですよね。