派遣社員と契約社員の違い

派遣社員には2種類の雇用形態が存在する。

派遣先の正社員から見れば○○会社の派遣社員の人として区別は付かないのですが
一口に派遣社員と言っても大きな違いがあります。

人材派遣会社である派遣元の無期雇用の正社員として派遣先の会社で仕事をする正社員型派遣と派遣元の有期雇用の契約社員として派遣先の会社で仕事をする契約型派遣があります。

なんだか、ややこしいですが図にすると下記のような感じ

派遣と契約違い

なぜ、このような雇用形態があるかというと労働者本人が希望する場合と派遣元の思惑で契約社員という枠を作っておきたいという理由があります。

正社員型派遣と契約型派遣の待遇面での違い

正社員型派遣

・ボーナスがある。
・退職金がある。
・手当がある。(住宅手当、家族手当、派遣手当、食事手当等)
・月給制
 一応月給制だが派遣元が規定している定時時間の8時間に派遣先が満たない場合や派遣先の
 年間休日が多い場合はマイナスされる。
・待機時にも給料が出る。
 派遣が終了となり次の派遣先が決まるまでは、派遣元で教育を受けたり自主学習を行うため
 派遣元へ出勤する。
・昇進、役職がある。
・3年制限が無い。

契約型派遣

・ボーナスが無い。
 ボーナスが無い分その額を月に割り当てる形になるため月給は正社員型派遣より
 高くなるが、ボーナス分全額を割り当てるわけでは無いため年収では正社員型派遣より
 低くなる。
・退職金が無い。
・手当が無い
・日給制
・待機時は給料が出ない。
 次の派遣先が決まるまでは、自宅待機になり給料が出ない。 決まらなければ解雇。
・3年制限がある。
・昇進、役職が無い。

派遣元が契約社員を残しておく理由

理由2
派遣会社に無期雇用されていない契約社員は、同一の職場で上限3年しか働けなくなるわけなので、本来であれば続けられる可能性があったのに強制終了となると人を外に出して売り上げを上げる派遣元としても痛手になるはずで、全社員を正社員型派遣にすれば良いものを契約社員を残している理由があります。

全社員を正社員型派遣にしてしまうと全社員に給料以外のコスト(ボーナス、福利厚生費、退職金など)を支払う必要が出て、人件費が占める割合が高くなってしまい派遣会社自体の経営が成り立たなくなってしまいます。

また、景気が悪くなるとまず、「有期雇用」の雇用契約を終了することにより人員調整を行います。
実際にリーマンショック後の人員整理の時は、契約社員から切られました。
労働者本人の問題で、派遣先で素行の問題を起こしたり現在の派遣先では通用するけど、ここが終わったらどう考えても他に使い道はないというスキルの無い人についても派遣先企業との契約終了をもって解雇するという事が出来なくなります。

個人の働き方の選択として、契約社員を残しておく必要もあります。
何社かの派遣会社に登録を行い、自分の条件に合った派遣元から派遣先に行きたいとか
体調面や単価が合わないことを理由に、元々正社員型派遣だった人が契約型派遣に変わるケースもあります。

2018年問題による契約社員の変化

変化
2018年9月に3年ルールにより派遣元で「有期雇用」である契約社員は一斉に終了となります。
3年ルールについてはこちら

業務にも慣れ自社のやり方も覚えてもらって使える派遣なので契約更新したいと思っている派遣先としても、せっかく契約更新の見込みがあり、まだ売り上げが見込めた派遣元としても、職場環境も良く業務内容も合っているので契約更新があるなら続けたいと思っている契約社員にとっても3年ルールというのは三者にとって不利益しか生みません。

特に派遣元は、派遣会社にもよりますが、全社員の3割から4割は契約社員がいるため契約社員が一斉に終了になると売り上げが激減し次の派遣先も紹介しない限り売り上げは元に戻らないため非常に痛手となるのです。

そのため派遣会社も対策を考えていて
派遣元で無期雇用の社員の場合は3年ルールが適用されないため契約社員を無期雇用の正社員型派遣に切り替えを行います。

ただし、前述したとおり全社員を正社員型派遣にすると人件費のコスト面や人員調整がやりにくくなるのでこれにはカラクリがあり、派遣先が契約更新をする期間は派遣元で無期雇用の社員として扱い、派遣先で契約終了となった場合は、次の派遣先の紹介はするけど決まらなければ解雇というものです。
これって今までの契約型派遣と何ら変わらなく仕組みをほんの少し変更したに過ぎず
限りなく黒に近いグレーだと思うのですが、契約更新したい派遣先としてもその派遣者が限定的な無期雇用の派遣元の社員であるかは表面上わからないですし、契約社員となんら変わらない仕組みを作り上げた派遣元としても3年で一斉に終了となるリスクを無くせますし、契約更新がある内は同じ派遣先で働き続けたいと思っている労働者にとってもWIN WIN WIN の関係なんですね。

ここでちょんいえが何が言いたいかというと
法律を作ったところで法律の穴というのは必ず存在し法律の抜け道を見つける人がいるということ。
まぁ結局はいたちごっこで、抜け道を塞ごうとまた法改正するんでしょうけどね。

ランキング参加してます。
おもしろくなくてもポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村


派遣社員ランキング