派遣社員は副業をしないとやばい!?

派遣社員の将来への不安

不安
派遣社員として定年まで働き、生計を立てることはかなり難しいと感じてします。

現在の派遣先は半年ごとの契約更新で、ついこの間契約更新はされたのでとりあえず、半年先までは、今の派遣先で働けますが、その後は、約束されているわけでは無いのでいつ契約終了になるのか分からない状態です。

現在の派遣先に就業して10数年になりますが、一つの派遣先に長くいればいるほど職場環境にも慣れ居心地の良いものになり、他では使えない人間になってしまいます。

ここの契約が終われば年齢的に次の派遣先を見つけるのは難しいでしょうね。

派遣元で正社員の場合、次の派遣先が決まるまでの間、待機している期間でも給料は発生しますが、それにもある程度の期間があり、2カ月ぐらいが限度でしょうか? 

それ以上になると
解雇を促されたり、派遣元との雇用契約を無期雇用から有期雇用に変更されたりといったことが実際に行われているのを目にしてきました。

派遣社員でいるといつ職が無くなるかの不安が常につきまとい、定年まで働くことなんて絶望的です。

派遣社員はどんなに良い仕事をしようが、どんなにすばらしい能力を持っていようが派遣元にピンハネされる構造なので派遣社員が派遣先の正社員を超えるような給料は絶対に貰えません。

派遣元にピンハネされる律は30~40%でそこからさらに税金や社会保険で30%持っていかれるので、派遣先から支払われている給料の内半分は派遣元と国に搾取されています。

そこから家賃、光熱費、通信料、保険代、食費など生活に必要なお金を差し引くとほとんど手元には残らず、貯金に回せる余裕なんてあるわけもなく贅沢もできないですね。

先日、ここ10数年の源泉徴収票を見返すことがあり現在と10年前と年収を比べてみたところ10年前とほとんど変わっていないことがわかりました。

一時的に年収が上がった年はありましたが、残業や休日出勤が当たり前の風潮だった頃で月に36協定の45時間を超えることはざらで80時間を超えるような月もあったので無茶苦茶残業してただけで、年収の基本の部分のベースupはまったくしていません。

働き方の見直しで特に大手は残業を減らす傾向にあり、今現在は残業がほとんどなく、残業があったとしても月10時間程度です。

年収の基本ベースは今の年齢(44歳)が頭打ちで、残業もほとんどなく残業代で収入の補填をすることも出来ない状況だと将来的に収入が上がらないため何かあったときのための貯金を増やすこともできません。

このまま派遣社員で居続けることや派遣社員だけの収入源では、不安定過ぎて人生が終わる。
ひしひしと迫りくる終末に本業以外に稼げる技術を身に着け実行しておかないと本気で”やばい”と感じています。

派遣社員は副業ができるのか?

法律上は副業を禁止しているわけではないので、派遣社員でも副業が可能です。

ただし、派遣元の派遣会社の就業規則で副業が禁止されていることが多いです。

よくやりがちなのが、空いた時間や休日に掛け持ちのバイトをするってことですが、派遣元の会社にバレます。

年間に20万円以上稼ぐと、確定申告が必要になり12月にある年末調整で派遣元の経理担当が「この人なんか税金払ってる額が多いから副業やってるのでは?」とバレる場合がありますし

住民税は総収入で決まり同じ給与所得である派遣社員とアルバイトの給与は合算されてしまうため確定申告をすると、副業分の住民税も派遣元に通知が行ってしまいます。

派遣元に通知が行かないようにするには、確定申告をする際に普通徴収にする必要がありますが、ほとんどの自治体で基本的には給与所得は特別徴収としているため切り替えができないでしょうね。

ちょんいえも若かりし頃、給料が安く派遣先で残業もほとんど無かったため少しでも収入の穴埋めをしようと空いている土日に現在の派遣元とは違う派遣会社に登録して派遣のアルバイトをしたことがあります。

アルバイトの内容は、ファミレスでの皿洗いだったんですが、普段ディスクワークしかしていないため

1日中立ちっぱなしで、次から次へと来る洗い物で体を動かすことが非常にきつく、時間と体力を削られ身が持たないと感じたため1日でやめてしまいました。
その時の給料(1日分ですが)も貰っていません。

もう少し楽なアルバイトだったらそのまま続けて、年末調整の時に本業の派遣元に一発でバレて首になっていたと思います。

副業として何をやるのか

アルバイト以外の副業で給与所得にならない副業が何があるかを考えたときに
在宅で空き時間にコツコツと仕組みを作り上げしかもリスク無く初期投資のかからないものとしてブログアフェリエイトがあります。

必要なものはパソコンを持っていることとインターネット回線を繋いでいること。
初期費用はサーバー初期登録費用とサーバー代ぐらいで年間1万円も掛かりません。

失うお金といったらこれぐらいで、リスクは時間を失うだけです。
ブログの記事作成のために時間を投資する必要がありますからね。

アルバイトのように働いたら働いた分だけ即収入を得られるものでは無いので費やした時間が無駄になる可能性はありますが、今までTVを見たり、スマホゲームしたり、ネーットサーフィンしたりとボーとして過ごしてた生産性の無い無駄な時間をこれに充てるだけなので、自分にとってはお金を失うわけではないので全然リスクでは無いですね。

ただ、ブログを初めようにもドメインや収益化の概念もわからず自分自身で調べて自力で行うっていうのは無理でしたし、パソコンの知識は仕事で使っているため最低限の知識はあるもののブログを書くというのは全くの初心者であり、 ましてや、フェイスブック、ツイッター、SNSといったツールを使って自分から情報を発信すること自体が苦手でした。

そういったものは面倒臭いので避けてきましたし特質した能力や趣味も持っていないのに書けるネタも無く何がやれるんだろうとモンモンとしていました。

教材やコンサルを利用するという手

ブログを閲覧するというのは、好きだったので、この人の書くことおもしろいなとか参考になるなという人がいて毎日見ていたのですが、

ある日の記事にブログを初めたきっかけが29伝説のたけしさんという方の29collegeを購入し手順通りに行ったこと、収益化に伸び悩んだときに年間コンサルを受けて格段に収益性が上がり成功しているということが書かれていました。

その時は「ふ~ん」って感じで、そのサイトに行き無料のメルマガを配信していたので登録だけして、定期的に送付されるメルマガを見ていたのですが、

やはり物事のとらえ方とか考え方が本質をついていてものすごく参考になるんですね。 こんな人に直接教えてもらえたらなぁと思っていた矢先年間コンサルティングを募集しているとメルマガで配信されてきました。

コンサルの内容は
・ブログ、ネットビジネスを完全サポート
・FX投資についてもサポート
・コンサル期間は1年間だがコンサル料金以上の実績が出なかった場合は稼げるまで期間延長
・skypeやチャットで通話と画面共有によるマンツーマンでの直接サポート

人間って何かアンテナをはっていないとチャンスと思ったことに気づかないし目にとまらないですね。
でも、この時はチャンスだと思いました。

成功者にマンツーマンでの直接教えてもらうなんて機会はまずないからです。

今まで、副業をするため自分で勉強したり教材買ったり、成功者のセミナーにも行ったりしましたが、ネットや本に書いてあることをまとめただけのクソみたいな価値の無い教材に手を出したり、

大勢の前でしゃべってる成功者は、本質の部分は語ってくれやしないし実際にどんな作業をやればいいかなんて一人一人に教えてくれるわけもなくどれも失敗でした。

やり方を変えないとダメだと思いました。

コンサル料は…

冬のボーナスが吹き飛ぶ額でした。

さすがにボーナス分全て投資することには躊躇しビビりましたけど、

ネットビジネスの収益で年間2000万円以上の実績を残している人であること、

今現在ネットビジネスで成功している人がこの方の教材で勉強しコンサルを受けて収益を伸ばしていること、

何よりワンツーマンで成功者に直接教えてもらえることが出来るってところが決めてになりましたね。

自分が「この人なら大丈夫だな」って思ったときに投資できるのかが勝負どころだと思うのですが、ここで投資できないようであれば、いつまでたっても変われないと思いましたね。

それでも不安な部分はあったので、販売元のたけしさんに直接問い合わせをし、その回答で不安が解消されたのでコンサルに踏み切ったという形です。

残念ながら今現在は年間コンサルの募集は終了していますが、29collegeは継続して販売されています。

パソコンの初心者でも何をやれば良いのか1から全部書いてありますし、「ブログでこういことやりたいな」とサイト内検索すれば出てい来ないなんてことは無いので、ほぼすべてが網羅されているコンテンツです。

書いてあることだけで理解できない場合もあるのですが、そういった場合は必ず動画まで用意されていて実際にどうのように作業を行えば良いか手順を目で見て確認できるので、非常にわかりやすいですね。

これはブログを始める上で必読の教科書だと思います。
29college(29カレッジ) ブログ制作・アクセスアップ塾 【ブログ初心者のためのアクセスアップ・SEO対策など ネットビジネスで稼ぐための第一歩】

ランキング参加してます。
おもしろくなくてもポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村


派遣社員ランキング