派遣社員に帰属意識が生まれない3つの理由

派遣社員として働いていると自分が所属している派遣会社に対して帰属意識を持つということがほとんど無くなります。

派遣会社としては、社員の帰属意識が薄れると派遣会社を辞めていく人が多くなったり、やる気のない社員が増えるため派遣社員に何とか会社が目指すべき目標やブランドイメージを植え付け帰属意識を高めようとする場合が多いです。

しかし、いくら派遣会社が帰属意識を高めようとしても派遣社員には、帰属意識が生まれない3つの理由があります。

1.派遣元に在籍したことがほとんど無い

派遣社員が業務を行う場所は、派遣として就業している派遣先になるため自分の所属する派遣会社に在籍していたことがほとんどありません。

日報、週報、月報などの業務として何をやったかの報告は、派遣先にすることはあっても派遣元に報告することは無く、
派遣元に報告するのは、給料の計算のために月に1度勤務表をFaxなり郵送で送付し出社と退社の勤怠の”時間”を報告するだけで、何かの報告や業務のために自分の派遣元に戻ることがありません。

派遣会社に中途で入社する場合や新入社員として入社しても最初の出向前研修で1ヶ月~2ヶ月は派遣会社に通いますがその後は、派遣先に出向になるためほぼ、派遣会社に戻ってくることはありません。

派遣元に戻ってくるのは、派遣契約が終了になって次の派遣先が決まるまで待機しているときか、スキルupのための研修や何か会社のイベントを行う時ぐらいです。

また、給料は、派遣元から支払いがされていますが、元々の給料の出所は派遣先の派遣料であり、派遣先が派遣料として支払った単価を派遣元がピンハネして派遣社員に支払っているので、派遣元から給料をいただいているという感覚も生まれませんし、派遣元に対してありがたみも湧きません。

2.派遣元の社員の顔を知らない

派遣元に在籍することがほとんどないので、社内にどんな人がいるのか知りませんし、ヘタすれば社長の顔さえ知らない人もいます。

出向している派遣先が違えば一緒に仕事も行わないし顔を合わすこともないので同じ会社の人という認識が無く、同じ派遣元の社員といっても派遣先が異なれば場所が離れているため横の繋がりさえ持てないような状況になります。

最近は派遣会社でも新卒採用をする場合があるので、この場合であれば数ヶ月ですけど一緒に新卒研修を受けた同期という繋がりができるかもしれませんが、研修が終われば出向先はバラバラになりお互い顔を合わせる機会がなくなるので、いづれ同期という繋がりも薄れていきます。

同じ派遣元の社員として繋がりが持てるのは、同じ派遣先に出向になった場合ぐらいです。
大手の派遣先だと同じ派遣元から数人から十数人が同じ派遣先の各部署に出向になるので、月一程度で同じ派遣元のメンバーで集まり、会社の連絡事項が伝えられたり、同じ派遣元社員同士のコミュニケーションを図る意味で職場内のミーティングを行うことがあります。

同じ派遣先内のメンバーが数人いれば取りまとめを行うリーダーがいますが、月一程度顔を会わすぐらいでは、それほど深く繋がりが出来ることも無く、仕事で直接関わったり、直属の上司でも無いので困ったことを相談するような関係や何か仕事上のアドバイスをしてもらうような関係になることも難しいです。

3.派遣元の集まりや研修より派遣先の業務を優先させる

派遣会社では、休日の土日にスキルupのため研修や人間力を高めるための研修を開催したり、会社の1年間の事業方針を説明するという集会に呼びつけて帰属意識を無理やり押し付けようとします。

こういった研修や集会では、社員全員強制参加で休日丸一日を勝手に潰されているにも関わらず、休日手当の日当が全額出るということは少なく、出たとしても研修手当と称して数千円の手当しかでないことが多いです。

研修では、同じ派遣会社の社員だけど普段顔を会わすことがないので知らない人同士でグループを組まされグループディスカッションやロールプレーをやらされたり、事業方針の説明会では、会社側から一方的に決定事項が話されるだけで質問する機会さえ与えられないので参加するのがストレスですしウンザリします。

派遣会社としては、帰属意識を高めようとして呼びつけているのですが、意図しない形で休日が潰され、正当な日当も支払われない状態では逆に社員のモチベーションの低下につながるだけだと思います。

研修や集会は、基本強制参加でさぼった場合には、参加しなかった理由を追及されますし、昇給に関わる部分で査定に響いてしまうなどのペナルティが課せられることもあるのですが、唯一お咎めを受けない場合があります。

それは、派遣先が繁忙期で休日出勤の要請があった場合や派遣先から海外出張等が命じられていた場合で、強制参加としていても派遣先の業務があれば派遣先の業務を第一に優先させて良いことになっています。

派遣先の要請に答えなければ迷惑を掛けることになるし、休日出勤を行えばそれだけ売り上げがあがるので、当然と言えば当然なんですけど自社である派遣元の行事より派遣先の業務を優先させて良いならば帰属意識なんか生まれるわけがないですよね。

最後に

派遣先の正社員であれば、この会社に属しているという誇りも持てるし自分の会社を良くしたいと思えるので帰属意識は重要だと思います。
だけど派遣社員の場合は、派遣会社に属しているということ自体が、ブランド力も無く魅力が無いことなので、この会社の一員だと思われることが恥ずかしく隠したくなり帰属意識は生まれてこないと思います。

ランキング参加してます。
おもしろくなくてもポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村


派遣社員ランキング