就業時間を守らない正社員。注意出来ない派遣社員。

会社には就業規定で、出社退社時間や昼休憩時間などの就業時間というものが決められているのだが、従業員数が数百人、数千人の大所帯の集まりとなると自分一人がルールを守っていなくてもバレないだろうと考える輩が出てくる。

派遣社員でルールを破ろうものなら「何をやってるんだ?」と即注意がされるだろうし、最悪の場合は、契約終了なんてこともある得るのだが、
派遣社員ではなくて正社員でルールを破っているというか倫理的にそれいいの?ってやつがいる。

会社の食堂で昼の休憩時間を守らないやつ

派遣先には食堂があるので、大概の人は食堂で昼食を済ませることが多い.
工場にいる全従業員が一斉に食堂で食べられるほど座席数も無いしビュッフェ方式で、お盆や皿を取ってセルフで食べ物を選んで行くため長蛇の列が出来てしまい、スムーズに食事ができないため部門ごとに昼食時間を前半の12:00からと後半の12:30からに分けている。

ちょんいえは、食堂ではランチを食べず、会社の外に行ってお店でランチを食べるので、会社の外に出るために食堂の横を通っていくのだが、
その頃には、グループは違うけど同じ後半組である正社員Hというやつが、ビュッフェの食材を取り終えてゆうゆうと既に食べ始めている。

『えっ? なんでもう食べてんの? おかしいだろ?』

どんなに急いだって食材を取り終えて食べ始められるような時間では無く、毎日のように目にするので前半組の終わり掛けに混じって目立たないように食事に行っているのでしょう。

前半と後半に分けているとはいえ、従業員の半分ぐらいの人数が一斉に食堂に集まるとやっぱり行列が出来てしまうので、この行列に並ぶのがイヤだからフライングをしてるんだろうけど
他の人は我慢して行列に並んでいるのになんでこいつだけそんな特例が許されるんでしょうか?

早く休憩に入ったんだから昼の就業時間を早めてればまだ良いですが、そんなことしてなくて、昼の就業時間の開始時間は皆と同じチャイムが鳴ってからなんで、こいつだけ余分に昼休憩を取っていることになります。
そもそも、前半と後半の時間以外に食事時間を早めるような時差休憩は、会社が認めてないですからね。

ちょっぴりフライングして会社の外へランチに行くやつ

ちょんいえは前述した通り会社の食堂では、ランチを食べない。
なぜかというと、ビュッフェ方式が嫌いだからだ。

大人数の食事をまかなうには効率が良く価格も安くできるし、食べたいものを好きな量だけ取れるのは良いけれどビュッフェ方式で一番ダメなのは料理が冷めてしまうこと。
温かいものを提供しようと努力はしているけど所詮、作り置きのものを湯煎しているだけなので、料理を取った時にはかろうじて温かくても列に並びながら他の料理を取って空いている席を探して食べようと思ったときには、もうヌルいか冷めてます。

料理の温度というのは一つの調味料であって、いくら味が良くても冷めていたら美味しいと思えなく、高級ホテルに泊まった時でも食事がビュッフェ方式だと聞くともうテンションだだ下がりになってしまうほど嫌いです。

なので会社の外にある喫茶店まで貴重な昼食時間を使ってランチを食べに行っているわけなのだが、同じように考える人かどうかわからないが、いつも同じ店に食べにくる正社員Yと顔を合わせる。
ここの喫茶店の良さは、定食の値段が500円台と安いことと鉄板に乗せた出来立てアツアツの料理を食べられることそして喫茶店で外してならないのが、週刊ジャンプ、サンデー、マガジン等の週刊漫画が設置してあり発売日にランチをしながら無料(タダ)で週間誌の漫画が読めることである。
ただし、発売日に漫画を読める権利があるのは、お店に早く来たもの勝ちになります。

今までは、その喫茶店に到着するのは、ちょんいえのほうが早く難なく漫画をGETできていたのですが、
ここ数ヶ月、なぜかこの正社員Yが自分より先にお店に到着して、漫画争奪戦にいつも負けるようになったんです。

ちょんいえと正社員Yは、同じ建屋内にいますが、ちょんいえの席は2階で、外に繋がる階段のすぐそば(5歩ぐらい)にあり、正社員Yの席は、4階の少し奥まった位置にあります。
ポジション的にはちょんいえのほうが絶対的有利にあり、会議が長くなったり、業務の区切りが付かないということが無ければチャイムが鳴ってパっと外に出れるので、
負けるはずはないのですが、外に繋がる階段に出て外を見た時には、既に地上をスタスタと歩いてやがるんです。

『えっ、早すぎない?』

どんなに早く歩いてもチャイムが鳴り終わるかどうかぐらいのタイミングで4階から階段を下りて地上を歩いているのは、物理的に不可能なわけで、確実に1分か2分前にフライングしていますね。

最近はフライングの時間もエスカレートしてきていて、今日はちょんいえの前を歩いてないなぁと思ってたら喫茶店に到着したころには、既にランチの配膳がされていて食べ始めてるとかですからね。

『お前、何分前に来てんの?』

正社員Yは、部署が違い業務の関わりも無かったので、素性がわからなかったんですが、調べてみるとこいつねグループをまとめる課長より上の上級職だったんです。
漫画を発売日当日に読みたいがためにフライングするなんてやってることが幼稚ですし、上級職だから他の人よりも早くメシに行っても良いなんて特権なんて無いはずで
本来ならこういう輩を注意しなければいけないような立場なんですけどね。

フレックスタイムを悪用するやつ

三人目は、就業時間を守っていないわけでは無いが、その時間の使い方はどうなの?というケース。

派遣先には、フレックスタイム制度というものが導入されていて正社員は、利用が認められているが派遣社員は対象外となっている。

フレックスタイムとは、始業時間と終業時間を固定せずに、自由な時間帯から個人が就業時間を選択し、業務量に応じて1ヶ月の労働時間を調整しながら働く制度のことで、このフレックスタイムを毎日のように利用している正社員がいます。

朝早く出社し夕方4時とか5時には帰宅をするという利用の仕方で、その利用目的が、居酒屋で酒を飲むためで、定時時間に上がって居酒屋に行くと他の仕事終わりの人も居酒屋に行く時間と重なり混みだす時間を避けたいがために客の少ない時間に居酒屋に行って、お店の従業員とだべりながらのんびり酒を飲んで早く帰宅したいというのが理由。

『ふざけてねぇ?』

フレックスタイム制度というのは、効率的な時間管理による生産性の向上や多様なライフスタイルの確立(介護、育児、通院等)を目的に利用するならわかるんですが、
『自由気ままに出退社しても良い制度』と履き違え、自分の好き勝手や個人の都合優先で時間管理をして良いってことではないはずです。

派遣社員はフレックスを使いたくても利用を認められていないので、こんな時間の使い方をしているやつがいると思うと頭にきますし、
客のいない時間に居酒屋に行きたいがためにフレックスを使っているようなやつは、フレックスタイム対象から外してしまったほうが良いと思うんですけどね。

最後に

少人数の集まりなら、時間を守らないってことをやれば、その行動は目立つため決められたルールを守ろうとするんだけど
大人数の集団となると人と違うことをしてもその行動は集団の中に埋もれてしまうためバレないだろうと規則を破るやつが必ず出てきますね。
本人はバレてないと思ってますが、その行動を見ている人はいますし、あれ何かおかしくない?と疑問に思っている人は必ずいます。
今回紹介した3人ともですが、業務上関わりの無い他部門の正社員の人だったので、いち派遣社員であるちょんいえが注意する立場でもないので何ともすることができないんですが、
派遣先に意見箱、密告箱なるものがあれば、確実に報告してやるんですけどね。

ランキング参加してます。
おもしろくなくてもポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村


派遣社員ランキング

コメント

  1. nuts より:

    こんばんは。
    ブログランキングから来ました。
    ポチッとさせていただきました^^