派遣社員は有給やボーナスをもらえるのか?

有給休暇について

有給

有給休暇をもらえる時期と日数は?

有給休暇は労働基準法第39条によって定められていて、下記の条件を満たせば派遣社員でも有給休暇はもらえます。

・6ヶ月以上経続して勤務していること
・全労働日の8割以上出動していること

新入社員や中途入社で入社後半年間経過後10日が付与され、1年ごとに1日ずつ加算されていき、最高で20日まで付与されます。

有給を取得しなかった分は、翌年に繰り越しを行い最大で40日が付与され40日を超えた繰り越し分については、消失していきます。

有給に関しては大手企業と同じ日数の付与と制度になっています。

有給休暇の取りやすさは派遣先次第

実際に有給を取得できるかどうかは、派遣先の職場環境や職場の上司によるものが大きいですね。

ここで言う「有給が取得できる」というのは、病欠や突発的な出来ごとでどうしても休まなければいけない日以外に計画的に気兼ねなく有給の取得が出来るかという意味です。

ちょんいえが就業している派遣先では、派遣先の労働組合が有給取得率向上の取り組みをしていて年間付与される最大の20日の内10日の50%以上取得を目標にしています。

所属するグループでは、有給取得率向上を目的に正社員、派遣社員関係無く予定があっても無くても年休計画表を作成し事前に休みたい日を10日以上記載していき週一のグループミーティングを利用して、休暇予定を事前に職場で共有していくので、有給が非常に取得しやすい職場環境となっています。

派遣先によっては、忙しくて正社員が中々有給を取得しないので、職場の雰囲気的に有給を取得しずらいっていうところもあります。

意図しないところで有給が消化される

派遣社員は派遣先の休日に準じて休みを取得します。

自動車系の派遣であれば祝日の休みが無く夏季休暇、冬季休暇が長めで、家電系の派遣であれば祝日休みがあり夏季休暇、冬季休暇が短めといった特徴があります。

派遣元が定めている年間休日よりも派遣先の年間休日のほうが多いってことがよくあり派遣会社によって規定の違いはありますが、派遣元としては出勤扱いで派遣先としては休日という調整日が年間で定められます。

この日は無給休暇扱いとされ給料の発生しない休日となってしまうため、派遣元はこの日に有給休暇を代わりに使用して良いと認めてくれますが、本体の目的とは違う形で有給休暇を使用しなくてはいけなくなります。

1年間に付与される有給を全部使ってしまうと調整日に使用できなくなり無給休暇扱いで給料がマイナスされてしまうので、気をつけなければいけません。

また、この日に休日出勤した場合は、派遣元としては通常出勤日の扱いになるため休日出勤手当が支給されません。

有給取得に理由が必要か?

有給取得の理由を聞かれたり、休暇届申請書の理由欄に記載を行わなければいけない場合がありますが「家庭都合の為」とか「私用の為」としておけば問題ないです。

派遣先や派遣先の上長によっては、詳細な理由を求められる場合もありますが、有給は労働者にとって当然の権利であり休みの理由を聞いてはいけないことになっていて理由を報告する義務はありません。

但し、翌日納期の業務がまだ終わっていないとか納期が迫っている業務があるのに休まれると困るため理由を聞いてくる場合があるので、社会人のマナーとしてズラせる用事ならズラすべきですし、どうしてもその日でなければいけない用事(例えば旅行でキャンセル料が発生するとか)であれば事前にグループ内に周知しておいて応援できる体制を整えておくべきでしょうね。

病欠や当日どうしても会社に行けない場合を除き有給を取得する場合には少なくても前日までに事前申請が必要になりますが、

派遣社員の場合は、まず、派遣先の上長に休暇届の申請を出し(書面に捺印してもらう場合が多い)派遣元にも電話もしくはメールで休暇の連絡をしないといけなく申請を2カ所に行わなければいけないため非常に面倒です。

当日の場合も派遣先の上長に電話し派遣元にも電話連絡が必要ですし、翌日出社したら派遣先上長へ書面でもう一度事後申請をし捺印してもらう必要があり面倒です。

ボーナスについて

ボーナス

派遣にボーナスはあるのか?

派遣社員でもボーナスはもらえます。

但し、ボーナス支給に関しては条件があり派遣元で無期雇用の正社員の場合に限られ派遣元で有期雇用の契約型や登録型の派遣社員の場合はボーナス支給はありません。

ボーナス支給が無い代わりに月の給料にその分が上乗せされる形ですが、ボーナス分全てが上乗せされるわけではないので年収は派遣元で無期雇用の正社員のほうが多くなります。

派遣元で正規雇用の派遣社員の場合、食事手当とか派遣手当といったなんだかよくわからない○○手当という形で基本給のベースに組み込まない給料形態にしていて、月給はそれなりの水準にし基本給を低く抑える形を取っている派遣会社が多いです。

ボーナスの支給は「基本給の○ヶ月」という計算なので、大手企業と変わらない平均の半年で2.5ヶ月の支給月があっても基本給が低く押さえられているため派遣先の正社員と比べると総額はかなりの差が開きます。

ちょんいえが就業している派遣先の正社員と比べると基本給も高く、支給月も1ヶ月違うので年間で100万以上の差がついてますね。

同じような仕事をしながら何でこんなに格差が出るんだと思いますが、派遣先の正社員と派遣元で正規雇用の派遣社員では雇用主が違い給料の出所が違うので仕方の無いことですね。

特別なボーナスを支給される場合もある

通常ボーナスの支払いは夏(7月)と冬(12月)の2回に分けて支給がされますが、業績が良かった場合には、それとは別にボーナスが支給される場合があります。

だいたい決算期の3月に支給されるので決算賞与とも呼ばれていますが、派遣元の業績が良かった時に決算賞与が出たことが数回あります。

まぁ、時間単価分のピンハネしていた分を還元してくれただけなんですけどね。

業績が良かったから派遣元から決算ボーナスが出るという話しはわかるのですが、派遣先から派遣社員にも直接ボーナスが出たことが一度だけあります。

今の派遣先の派遣期間は10年以上になりますが1度だけです。

額としては数万円でしたが、派遣先から直接支給するには書類上の手続きが必要だからハンコを持ってくるように言われた記憶があります。

正社員だけではなく派遣社員にもボーナスを出すなんて聞いたことが無かったんですが、よっぽど業績が良かったんでしょうね。

ランキング参加してます。
おもしろくなくてもポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村


派遣社員ランキング